がいこくの絵本

『スイミー』あなたはたったひとりで海を泳げるだろうか?

更新日:

- 評価 -

『スイミー』

・総合評価  

・絵     
・はなし   
・読みやすさ 
・おもしろさ 

- 対象年齢 -

  • 3才から

-こんな人におすすめ-

  • さかなの絵本を探しているひと
  • 定番の絵本をそろえたいひと

『スイミー』の
かんたんなあらすじ

スイミーは赤い魚のきょうだいのなかで、たったひとり黒い色をして生まれてきました。

でも、泳ぐのはだれよりも早かったスイミー。

そんなあるときマグロがやってきて、赤いきょうだいは食べられます。

生きのこったのはスイミーだけ。

かなしむスイミーは海を旅して、すこしづつ成長していきます。

『スイミー』のみどころ

1.スイミーの勇気

スイミーは強いさかなではありません。

彼はかなしみを背負いながら、同じかなしみを繰り返さないように、いっしょうけんめい考えます。

そんなスイミーが冒険に出る場面が、この物語の見どころです。

2.スイミーの知恵

『スイミー』の副タイトルは、「ちいさな  かしこい  さかなの  はなし」。

彼は頭を使って、立ちはだかる問題を切り抜けようとします。

どうやって切り抜けたのか?それは読んでのお楽しみです。

『スイミー』の感想

物語のテーマはすこし重ためですが、イラストのうつくしさが不思議な調和を生んでいます。

読む子どもは「人生にとって大切なこと」なんて考えないけれど、でも確実にそうしたことを教えてくれる、勇気の出る絵本です。

もちろん大人も楽しめる一冊。ぜひお子さんと一緒に読んでみてください。

- 作品情報 -

  • 『スイミー』
  • 作:レオ・レオニ
  • 訳:谷川俊太郎
  • 発行者:有松敏樹
  • 発行:好学社

- ジャンル -

  • うみ
  • さかな
  • ぼうけん

- テーマ -

  • 勇気
  • 協力
  • 知恵

Copyright© 絵本の木 , 2019 All Rights Reserved.